スポンサーリンク

家事の分担、出来ています?

子育て中だけでなく、共働きの夫婦に係る問題として注目されている家事分担。
本当に切実な問題です。
この問題で、気になる記事を見つけました。

共働きの妻が「夫に家事協力を頼んだ時」にされた最低返答3選

そもそも、労働とは賃金を得るための手段という、古い考え方が根底に潜んでいます。
特に男性は「稼いでこそ男」と思い込んでしまうところがあります。

でもね、世の中には無償労働という労働もあります。
わかりやすいところではボランティア活動。

被災地などに手弁当どころか飲み物まで持参で出向き、ひたすら片付けをする。
自分の持っているスキルを無償で提供する。
様々なボランティアがありますが、それらを実行する方々に見られる傾向があります。

それは、寄付も行うという事。
ボランティアに参加した地域の惨状を目にして、労働だけでなく資金も提供する。
こういった方が多いそうです。

もちろん、家事はボランティアで行うものではありません。
それどころか、外で働くよりも高い能力が求められるのが家事なのです。

ちょっと面白い資料があります。

主婦業

数年前に共同通信が配信したニュースです。
主婦業を給与に換算すると、年俸1500万円以上!!
ちょっと驚かされる金額ですが、全ての家事をプロに頼むとこれぐらい必要という事です。
もちろん、残業手当も含まれた金額になっています。

恐らく、家事の分担に良い顔をしない夫は、自分はプロとして仕事をしていると考えているはず。
そういった夫には、こういった資料を参考に攻略方法を考えるのも一つの方法です。

そして、実は厄介なのが「俺は家事も頑張っているよ」と思い込んでいる夫。
自分では分担できているつもりだからこそ、それ以上は踏み込んでくれないんです。
そんなタイプの夫に効果があるのが…

子育て講座 in はるのわくわくぽけっと

そう、このサイト内の記事ですが、講演で使った資料のPDFがアップされています。
その中で、やってるつもりの夫に効果的な方法をお伝えしています。

よろしければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ